自作ソフトの開発日記

自分用に作ったソフトの配布や、作成時に知ったことのメモを残していきます

Visual Studioで作ったソフトのアイコンについて

 アイコンを指定する際に、普通にicoファイルを用意するだけでは、大きいアイコンや小さいアイコンで表示するとアイコン画像が荒くなったり潰れたりします。

それを回避する為には「マルチサイズ」のアイコンを用意する必要があるのです。

 

方法はいろいろあるみたいですが、簡単な方法として「@icon変換」というソフトを使うと楽に作成できます。

www.vector.co.jp

 

 

用意する画像サイズは

16x16(作っているソフトの左上アイコンやタスクバーの小さいアイコン)

32x32(クラシックアイコン)

48x48(小アイコン)

があればとりあえずは問題ないと思います。

  

使っている人がいるかは判らないですが、256x256(大アイコン)もあれば良いかもしれません。

  

「@icon」ですが、使い方は簡単です。

用意した画像を全部ドラッグ&ドロップで入れ、iconファイルとして保存する画像を

全部選択した状態で

f:id:S-Parakeet5488:20170706153035j:plain

左から3番目の「マルチアイコンに保存」から保存をします。

 

あとは完成したicoファイルをVisual Studioで指定してやればOKです。